同僚 転職 羨ましい

同僚が転職をして羨ましい!そう思う理由と今後の行動の仕方について

同僚が転職すると聞いて、羨ましいと思う場面もあるでしょう。
これまでは転職について考えていなかった人でも、同僚の転職をきっかけに自分の転職について意識し始めるケースもあるのです。
今回は同僚が転職をすると知って羨ましいと思う理由、そして今後の行動の仕方について詳しく見ていましょう。



 

同僚が転職するのを羨ましいと思う理由

同僚が転職するのを羨ましいと思うのは、理由がある場合がほとんどです。この心理について、いくかのものをお伝えしていきましょう。

新しい未来が待っているように思う

転職をすることで新しい未来が待っているように思うので、これについて羨ましいと思う心理もあるでしょう。
それと同時に「自分はこのままこの場所にいて、どんな未来が待っているのだろう?」と考えてしまうケースもあるのです。
新しい場所にてどのような経験ができるのか。これを想像すると、同僚のことがとても羨ましくなるのでしょう。 そして自分も同じように、輝かしい未来を歩みたいと思うようになるのです。

希望の場所に移れるから

現在の職場が自分にとって理想的だと思うのなら別ですが、不満を感じているのなら「できれば希望の場所に移りたい」と思う気持ちも。
でもどのような場所が自分にとって希望の場所なのか、これが明確ではないので転職に対して躊躇してしまうのです。
その点、同僚について希望の場所を見つけられたことになるでしょう。現在の自分との差を感じてしまうので、羨ましいと思う気持ちになるのです。

ないものねだりの思いも

人は自分の持っていないものに対して、ないものねだりの心理を持ちやすいもの。同僚については、同じものを共有していたように感じますよね。
でも転職をする時点で、相手は自分には無いものを持つことになると考えるので、羨ましいと感じるのです。 そして同僚の転職をきっかけに、自分が本当に欲しいと思うものについて気付く場合も。

転職をする同僚に対して聞いておきたい内容

転職する同僚に聞いておきたい

転職をする同僚に対しては、できれば聞いておきたい内容があります。これによって、自分自身の今後が変わってくる可能性もあるでしょう。

同僚が転職をする理由

同僚から転職を勧めてきたとしたら、なぜそう思うのかについて深く聞いてみましょう。今の職場に対して、同僚がどのような思いを持ち転職を決意したのかが分かるはず。
そして自分に対しても転職を勧めてくるとしたら、何らかの理由があるのでしょう。例えば「職場の環境について以前から疑問に思っていた」というケースもあります。
「ここにいても、自分の能力に見合う仕事ができない」と、考える人もいるでしょう。同僚の思いについて聞いたうえで、自分も同じ考えを持つ可能性があるのです。

転職できて今はどのような気持ちなのか

転職をしてみて、今の職場に対しての思いが明確になる人もいます。このため同僚に、この思いを聞いてみましょう。
条件や仕事内容など、転職先の方が魅力があると思うので納得している人も。中には、現職の方が収入がよいので、これについては迷いがあったという場合もあるでしょう。
転職をした人にしか分からない、様々な思いがあるのです。これについては、できるだけ詳しく聞くようにしてみましょう。 聞くことにより、転職が自分とは無関係なものではないと思えてくるかもしれません。

いつ頃転職を決めたのか

どのようなタイミングで、そしていつ頃転職を決意したのかについて聞くようにしましょう。何かきっかけがあって、転職を決意する人は多いですよね。
同僚ですから、これについては本音を言ってくれるでしょう。
聞いてみると、自分の思いと重なる点がある場合も。
同じように感じるとしたら、自分が転職をするかどうか考えるきっかけになる可能性もあるのです。

自分も転職をするかどうかの判断基準

自分も転職をするかどうか、この判断基準についてはどのようなものがあるのでしょうか。
同僚の転職が自分の転職の判断基準に関係するのかどうかについて、お伝えしていきましょう。

現在の自分が満たされているかどうか

現在仕事をするうえで、満たされているのかどうかについて考えてみましょう。
このうえで、満たされない思いを持っているのなら、転職をする時期の可能性があります。
満たされない思いについては、それよりもよいと思う面が現職にあるので転職をするのをもったいないと考える人もいるでしょう。
でも譲歩できないと感じるほど、満たされない思いが強いのなら転職について考える必要があります。

同僚の転職について興味がある

同僚がどのような場所に転職を決めたのか、職種や条件などについてとても興味があるのなら、自分も転職をしたい思いを少なからず持っている可能性があります。
転職をすると聞いても何も感じないとしたら、今の自分の環境に満足をしていることになるでしょう。
同じ職場であっても、転職をしたいと思うかどうかは人により考え方は大きく異なるもの。
こういう中でも同僚の転職に興味があるとしたら「自分が転職をする場合には…」とイメージをしてみるとよいですね。思ったよりも明確にイメージできる場合もあるのです。

転職をする時には何から始めるべき?

転職するには何から始めるべきか?

転職をしたいと思った時のステップについては、事前に理解をしておくようにしましょう。すぐに動けるようにしておくと、かなりスムーズな転職ができるのです。
そして迷いや悩みについても、あまり感じずに済むでしょう。

職業について

現職と同じ職業を選ぶのか、それとも以前から就いてみたかった職業への転職を試みるのかについて考えてみましょう。
現在の自分のスキルについて考える、良いきっかけにもなるのです。このうえで自分の進みたい道を見つけるところから始めるようにしたいですね。

条件について

収入や福利厚生など、これについては譲れないと思う条件について考えてみるようにしましょう。曖昧なものでもよいので、自分なりに考えてみると浮かぶ条件があるはずです。
このうえで、条件に合う場所を見つけるのが必要になります。

転職サービスを使用する

転職サービスを使用すると、一人で転職活動をする不安感が軽減します。
そして相談をしながら、進められるサービスもあるでしょう。
転職サービスを利用すると、本来は見ることができない非公開案件について紹介してもらえる場合もあるのです。

お勧めの転職サービス

お勧めの転職サービスについては、できれば利用をしてみた方が転職活動はスムーズに進められるでしょう。いくつかのものをご紹介していきましょう。

リクルートエージェント

老舗の総合転職エージェントなので、保有する求人数が多いのが強みと言えるでしょう。知名度についてもとても高いので、既に知っている人も多いですよね。
担当者に相談をしながら、転職活動をしていくことになります。担当者のサポートについては特に面接対策については、しっかりしているのが魅力でしょう。
企業への交渉力も高いので内定率が高いため、転職に不安がある人でも転職活動が充実したものになる可能性が高いのです。

マイナビ

日本最大級の転職サイトです。プロによる履歴書添削や面接ノウハウ、そしてWEBセミナーなどの転職サポートが特徴と言えるでしょう。
企業と直接話せるフェアについても全国で開催されているため、企業と転職希望者との橋渡しを丁寧にしてくれることが期待できます。

doda

エージェントサービスなら、パーソナルキャリアのdoda(デューダ)がお勧めです。キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介をしてくれます。
そして、面接への対策やキャリアプランの提示などをして、転職へのサポートをしてくれるでしょう。

人と比較をしすぎずに自分のペースや考えを大切にすることが重要

同僚が転職をして羨ましいと思う気持ちについては、自分と比較をしてしまう場合が多いもの。
でも自分のペースや考えを大切にするのが、何よりも重要なのです。
こういった中で同僚の転職が、自分自身が転職を考えるきっかけになるのもあり得ることでしょう。
転職をすると、キャリアアップできる可能性もあります。
そして新しい世界を見ることもできるでしょう。
こういった中で転職への自分の思いについて、この機会にじっくりと考えるところから始めてみたいですね。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>仕事が覚えられないのは理由がある!その対処法とは



リクルートエージェント

関連記事一覧