居心地の良い職場に共通する5つのこと

居心地の良い職場に共通する5つのこと

居心地の良い職場で働きたい!というのは、ほとんどの人が持つ思いです。空気の悪い会社だと仕事にも集中できず、毎日朝起きるのが辛くなります。

居心地の良い会社なら、たとえ残業が続いてもさほど苦にはならないかもしれません。職場に求めるものは、人によって違うでしょう。

そこで今回は一般的に働きやすいと感じる、居心地の良い職場に共通する5つのことをご紹介していきますね。



コミュニケーションが上手く取れている

居心地の良い職場に共通する5つのこと居心地の良い職場に共通するのは、コミュニケーションがきちんととれる点です。個人プレイになりがちな職場。大切なのはチームワークで、左右、上下の綿密なコミュニケーションは会社を成長させるだけでなく、自分も一人の人間として育つチャンスです。では居心地の良い職場の、コミュニケーションの特徴を見ていきましょう。

 

社員が大切にされている

人を大切に扱う企業風土がある会社は、社員が「自分は守られている」と実感できます。一人だけがずば抜けて成績が良い会社よりも、全員が幸福で初めて仕事の質がアップするような環境。

そのためには誰とでも気軽に話せる、柔軟な会社の姿勢が必要です。昔ながらの家族企業では社員の優先度がありますので、言いたいことが言えず我慢する社員も多いでしょう。

会社がしっかりと社員の幸福を考えているところなら、誰の意見も必ず聞いてくれるはずです。

 

意見を言える機会がある

たとえば上司と意見が食い違い、納得できない場面。コミュニケーションが一方的な企業では、若い人や役職が下の人が我慢する立場になるでしょう。

居心地の良い職場は、誰もが公平に意見を言えるチャンスがありますので、定期的なフィードバックや社内ミーティングなど、あらゆる機会を設けています。陰で愚痴こぼしをしないためにも、思ったことが言いやすい会社は働きやすいですね。

 

きちんと評価してくれる

居心地の良い職場に共通する5つのこと職場では、さまざまなタイプの人が働いています。学校の友人と違って「気が合わない人とは付き合わない」というわけにはいきません。

とくに仕事の評価は、職場の人間関係にも影響を与えますので、居心地の良い職場の特徴を参考にして働きやすい環境を作りましょう。

 

個性を大切にしてくれる

個々の考え方や価値観を理解したうえで、仕事の成績を評価してくれる企業は居心地の良い職場です。数字だけでなく努力を認めてくれる職場なら、もっと頑張ろうという意欲も湧きますよね。

企業というひとつの枠にはめ込み、なじめない人がいるとはじかれてしまうところは、働いているとストレスが溜まります。仕事は決まったルールに沿って進めることはもちろんですが、個性的な考え方やアイデアが尊重されると社員同士が理解し合いやすくなります。

 

お互いに成功を喜べる

毎月営業成績が優秀な社員が表彰される朝の朝礼。自分の努力はきちんと報われるべきですが、成績を追求するばかりではチームとしての成功実績を考えられなくなる人もいます。

お互いに足を引っ張り合い、ライバル意識が強い職場。意識を高めるには効果が期待できますが、信頼関係をなくす要因でもあります。

お互いに成功を評価して喜べる職場は、和気あいあいとして居心地が良いはず。誰かが評価されれば自分の向上心にもつながりますので、良い連鎖が社内で続くでしょう。

 

人間関係が良い

居心地の良い職場に共通する5つのこと仕事のストレスで一番頭を悩めるのは、職場の人間関係ではないでしょうか。大変な仕事でも会社の雰囲気が良ければ、転職を考えることはないはず。

では人間関係の良い会社にはどのような特徴な特徴があるか、早速見ていきましょう。

 

風通しが良い

秘密主義で、部署ごとに違った印象を受ける会社がありますよね。会社全体の飲み会でなく、部署ごとの飲み会だけ。このような制限された付き合いになると、社内の風通しが悪くいつも相手の顔色を見ながら仕事をしなければなりません。

嫌なことや問題点などは、陰でこそこそと話さずなんでもオープンにできる職場が理想。柔軟性がある企業は古い社風にこだわらず、どんどん新しい考えを導入していますので、全員が安心して働けます。

 

お互いをよく知っている

仕事以外では一切話をしたことがない人、もしくは挨拶すらしたことがない人がいませんか。大企業になると、情報の共有が全体的に行き届かない場合もよくあります。

従業員と経営陣に高い壁ができてしまい、次第と職場の人間関係にもそのような隔たりを感じてしまいます。居心地の良い職場とは、お互いをよく知っているところ。

社員同士で自由な対話ができ、仕事を離れても個人的に良い関係が築ける環境が揃っています。

 

サポート体制がある

居心地の良い職場に共通する5つのこと初めての作業は、自分で学習してもわからない部分があるのは当然です。誰も助けてくれない職場だと、毎日がストレスが溜まってしまいますよね。サポート体制は居心地の良い職場に共通する、とても重要なポイントです。

 

仕事のシステム化

簡単な作業でも、人によってやり方が違うと効率が変わってしまいます。働きやすい会社は作業がきちんとシステム化され、マニュアルも用意されているので経験がない人でもすぐに取り掛かれるよう配慮されています。

またわからないことを誰に聞けばよいのか困る場面もなく、サポートしてくれる人が常に周囲にいること。自分もかつては同じ状況にあったと、相手の立場になって考えてくれるので、誰でも困っている人をすぐに助けてくれる協力体制があります。

 

教育プログラムがある

居心地の良い職場には、社員を育てる風土があります。社員の長所や得意分野を伸ばしてあげると、会社経営にもメリットがあるでしょう。

教育プログラムがあると苦手を克服したり、新しいフィールドにも挑戦しやすくなったりします。セミナーへの参加や社内での勉強会など、働きやすいサポート体制が整っているとキャリアを積みやすくなりますね。

 

社会に役立っている

居心地の良い職場で働く人は、誰しも会社をプライドに感じているでしょう。その理由は利益だけでなく、社会貢献しているためなのです。

なかなか勤務先に対して、社会に貢献していると実感しながら働くのは難しいもの。しかしそのような考え方が持てる、風土を大切にしている企業も多く存在します。

 

社会貢献する企業の特徴

一番わかりやすいのは教育、医療など社会で必要とされる事業を行う会社です。自分の仕事が世の中の人を助けていると思う気持ちは、毎日モチベーションにつながります。

業種だけでなく企業は、売り上げを文化事業や教育事業に金銭的に援助できますので、経済支援として社会に貢献する場合もあるでしょう。

このように広い視野で働く意識は、プライベートでもボランティア活動などをする機会を与えてくれるかもしれません。

 

誰かのために働く意識

直接的に人助けをする仕事だけでなく、自分の仕事がいつかどこか誰かのためになっていると認識して働ける会社は、居心地の良い職場の証です。

仕事を通じて人間として、また社会人として成長するには、やりがいを感じる会社が良いですよね。逆に意味がない仕事や、自分が役に立てない仕事だと感じてしまうと、社会活動への意欲はなくなってしまいます。誇りに思って働ける会社は、どのような作業でも自信を持って取り組めるでしょう。

 

まとめ

転職する際に、とても気になる次の企業の雰囲気。居心地が良い職場かどうかを見極めるには、実際に働いてみないとわからない部分はたくさんあります。

求人広告だけではわからない会社の本質は、従業員の口コミが参考になる場合もあるでしょう。転職エージェントなら情報が豊富なので、社員の話や働きやすさなども把握したうえで、転職をサポートしてくれます。



関連記事一覧