手首にゴムをつける人の心理にはこんな意味があった!

手首にゴムをつける人の心理にはこんな意味があった!

手首にゴムをつけるのは、心理的に意味があるといわれていますが、ほとんどの人は無意識のうちにやっているのではないでしょうか。女性が可愛らしいゴムを手首につける以外にも、男性が身につけることもあります。

有名なアスリートでもゴムをつけている人がいますよね。では早速ですが、そんな瞬間の気になる心理背景について、詳しくご説明していきましょう。



手首にゴムをつける人の心理とは?

手首にゴムをつける人の心理にはこんな意味があった!アクセサリーとは違う手首のゴム。一体どのような心理的な意味が隠されているのでしょうか。考えられる理由をご説明しましょう。

 

緊張している

手首にゴムをつける人は、心理的にとても緊張しているため、自分を落ち着かせようとして手首にゴムをつけています。「緊張しているなら深呼吸すればいい」と考える人もいるはずですが、手首のゴムにより刺激を与えて、過度な緊張感を紛らわせようとする人もいるのです。

たとえばプレゼンの直前。人前で話すのが苦手で緊張している時に、手首にゴムをつけることが稀にあるでしょう。ゴムでギュッと手首を締めつけられる感覚があると、大勢の人よりもそちらに意識を集中させられると思うかもしれません。

 

退屈している

手首にゴムをつける人は、心理的に今退屈していることが考えられ、気分転換したいのでゴムを伸ばしたりパチンと弾いたり、遊び道具が欲しい状態です。

スマホをいじりたいけれどできないような状況、初めてのデートが思ったよりもつまらないなど、なんとか気分を入れ替えてその場に集中しようと頑張っている状態です。

手首にゴムをつけると、それが多少の暇つぶし道具になるので、飽きっぽい人はいつもゴムを持っているかもしれません。

 

几帳面な性格

手首にゴムをつける人は、心理的にとても几帳面で、細かいところまで納得しないと満足しない性格です。整理整頓が好きで、マイルールがあることも特徴。

ゴムは机の中ではなく、使いやすいように手首につけると決めているのかもしれません。周りの人が見たら一見よくわからないことも、几帳面の人にとってはとても重要で譲れないこだわりなのです。

ゴムがあれば、食べかけのお菓子の袋もしっかり閉じられますし、何かまとめる時にも便利。細かいところまで気づく人なので、神経質に見られることもあります。

 

お守り代わりにしている

手首にゴムをつける人は、心理的にスピリチュアルなことを信じるタイプで、いつも数珠やパワーストーンなどを身につける傾向があります。

そのため手首にはいつも何かしらついているので、たまたま忘れてしまうと不安になり、お守り代わりに手首にゴムをつけることもあるでしょう。

お守りは毎日身につけたほうが効果はあると思っているので、何もつけていない状態は自分が守られていないということ。そのため落ち着きをなくして不安になり、とりあえずゴムに願いを託しているのでしょう。

 

目立ちたい

可愛らしいゴムやカラフルな目立つゴムを何本も手首につける人は、心理的におしゃれをして自分をアピールしたい気持ちがあります。

男性の場合、ゴムをアクセリーにすることは少ないかもしれませんが、女性なら髪を結ぶ目的があるので、手首にゴムがついていてもおかしくはありませんよね。

しかし何本も連なっていると、明らかにおしゃれの一部になっているため、この場合は自己アピールしたい願望が強いことが考えられます。

 

効率的なことを考えている

手首にゴムをつける人は、心理的に物ごとを段取りよく考える効率的なタイプといえます。たとえば髪の長い女性。下ろしたままだと、食事や仕事で邪魔になることがありますよね。

すぐに髪を束ねられるよう、いつも手首にゴムをつけて、何ごとも準備よく暮らしたい気持ちが感じられます。時間の使い方が上手で、なんでも手際よくこなす人なので、忘れ物をすることもないでしょう。

 

緊張を和らげるゴム以外の方法

手首にゴムをつける人の心理にはこんな意味があった!手首にゴムをつけるのは、友人に会う時や一人の時間なら全く気になりませんが、大切な場面でつけていると少しちぐはぐな印象を受ける場合もあります。

緊張の緩和として手首にゴムをつけてしまう人は、別の方法もあるのでぜひ参考にしてくださいね。

 

手のひらをギュッと握る

緊張している時は、できるだけ相手にわからないように気持ちを落ち着かせたいですね。たとえば会議中などの場面では、デスクの下で手のひらを何度かギュッと握ったり開いたりしてください。血液の流れが活発になったり、緊張が和らいだりする可能性があるでしょう。

 

香りで気を紛らわせる

香りは癒し効果が期待できるので、リラックスしたい時は好きな香りをたっぷり吸い込んでください。緊張しやすい人は、普段からバッグの中に香水やアロマオイルなどを携帯しておくこともオススメ。

疲れた時や嫌なことがあった時も、好きな香りに包まれると気分転換になりますので、手首にゴムをつけなくてもその場をやり過ごせるはずです。

 

ブレスレットをつける位置と意味について

手首にゴムをつける人の心理にはこんな意味があった!手首にゴムをつける人は、ブレスレットをつける人と共通する意味があり、おしゃれや安心感といった心理的な作用も期待されます。デザインや種類がたくさんあるブレスレットは、仕事やプライベートでも使えますので、自分らしく手元をアピールしたい時にあると便利ですよね。

ではこれから意識したい、ブレスレットのつける位置についてご説明しましょう。

 

行動力をアップさせる右手

人間は右脳が体の左側、左脳が右側をコントロールするといわれています。ブレスレットを右腕につけると左脳の働きに影響し、思考や言語とつながるので、行動力をアップさせて行動面を規則正しくする効果が期待できるでしょう。

最近やる気が湧かないという時は、右手首をなんとなく選んでいるかもしれません。お守り的な視点でも、右手は仕事運アップになるようなので、ブレスレットをつける時は少しだけ作用を考えてみると興味深いですね。

 

人間関係をよくする左手

左手はエネルギーを吸収する側で、右脳とつながっていることが特徴。右脳は精神や感性をコントロールしますので、よりよい人間関係を築きたい時にオススメです。

孤独感を抱く時、対人関係の難しさを感じる時は、手首にゴムをつけるのも左手がよいのかもしれません。

 

利き腕の反対につける

手首にゴムをつける人の心理にも共通しますが、髪を縛るためにずっとつけている場合は、すぐに使えるように利き腕が右なら左側につけるでしょう。

ブレスレットも同様に、利き腕につけると動きが激しいため、飾りが落ちたり色が褪せたりしては困ると不安になりませんか。お守り的な意味を考えない場合は、生活の邪魔にならないようブレスレットの位置を無意識に選んでいるはず。どちらにしようかと悩んだ時は、利き腕の反対にするとよいですね。

 

ブレスレットと時計が一緒の時

男性でもよく見かけますが、腕時計とブレスレットを一緒につけることがありますよね。どちらも外せないアイテムですが、この際に意識したいのは、ブレスレットを心臓側、左側につけるとよいこと。

とくにお守りとして使っている人は、ブレスレットのエネルギーが心臓に近いほうが波動は感じられるといわれていますので、よいことが起こるように期待している時は、それぞれの位置を考えるとよいかもしれません。

 

まとめ

手首にゴムをつけるのは、心理的に考えられることが色々とありますね。もし周囲にそんな人がいたら、今どのような気持ちなのか、こっそりイメージしながら接するようにしてみましょう。



関連記事一覧