慌てる人の心理と性格の特徴・自分を冷静にさせたいときにやるべきこと

慌てる人の心理と性格の特徴・自分を冷静にさせたいときにやるべきこと

慌てる人の心理は、誰しも納得できる部分があるはずです。冷静に過ごしていても、一瞬にしてコントロールができなくなってしまう場面がありますよね。

仕事中はとくに慎重さが求められますので、あらゆる状況に柔軟に対応するためにも、自分を冷静にさせるコツをマスターしておきましょう。

では早速ですが、慌てる人の心理的な特徴について、徹底的にお伝えしていきます。



慌てる人の心理は何か?

慌てる人の心理と性格の特徴・自分を冷静にさせたいときにやるべきこと慌てる人の心理について詳しく見ていきましょう。いつも冷静さを意識していても、急な展開に慌ててしまうことは誰でもあります。

しかし中には普段から慌てやすい人がいますので、その時の心理背景をまずは探ってみましょう。

 

計画が完璧ではない

旅行の初日、着ていく洋服を前夜に準備しても、当日急に天候が変わることがありますよね。もしものケースを想定しないことは、慌てる人の心理背景によくあり、ピンチを迎えると想定外なのでどうすればよいかわからないのです。

予想されることが起これば、ある程度気持ち的にも余裕がありますので、段取りよく対処できるでしょう。しかし慌てる人は一歩先を考えないため、アイデアが浮かんでこないのです。完璧な計画をしているつもりでも、どこか足りなくなっているタイプかもしれません。

 

経験値が低い

慌てる人の心理は経験が少ないので、冷静な対処ができず不安を抱えています。経験が豊富な人はあらゆる修羅場を乗り越えているので、多少の変化やトラブルがあっても、過去の経験を参考にして対処するでしょう。

慌てる人はなんでもわかると油断しているところがあり、実際にわからないことがあると自信喪失する場合もあるのです。経験値の高い人は常に冷静。

何ごとも初めての時は緊張して不安を抱きますが、経験はあらゆるメリットをもたらしてくれるでしょう。

 

とても真面目な人

慌てる人は心理的に物ごとを真面目に捉え、なんでも正しくやりたい思いがあります。そのため自分が思った通りに物ごとが展開されないと、頭が固いため柔軟に対応できない状態。

仕事の手順をいきなり変えてしまうと、効率がかなり悪くなってしまうタイプともいえるでしょう。真面目な性格なので、失敗をとても嫌がる傾向にあります。

最悪の状況を回避しようと、自分で自分にプレッシャーをかけていることが慌てる理由なのです。

 

周囲のことまで考える余裕がない

慌ててオフィス内を走って人とぶつかる、時間が迫っているため仕事でミスをするなど。慌てる人は特定のことだけに意識を集中させるので、他のことを考える余裕がありません。

たとえば記入ミスをして上司に提出した書類。はっと気づいて、なんとか回収しようと慌てます。余裕がある人は、いくつかの対処策を考えて失敗を回避するでしょう。

しかし周囲のことまで考える余裕がない人は、ひらめきだけを頼りにしているので、さらに失敗を招くこともあるのです。

 

臨機応変に対応することが苦手

仕事の段取りをしても突然別の仕事が入り、計画通りに進まないことはあります。慌てる人は心理的に動揺しやすい傾向にありますので、想定以外のことがあると考え方を変えることができません。

考え方が狭いのも要因のひとつ。あらゆる可能性を考えず、目の前のことだけを処理する傾向にあるので、事態の急変に対処するよりも現実を受け入れることに苦戦してしまうのです。

 

時間が上手に使えない

慌てる人に共通するのは、時間に追われやすいという点です。締め切りギリギリになるといつも慌ててしまい、仕事が完璧にこなせない状態。

自分ではしっかり管理しているはずなのに、時間の余裕を持てないことが慌てる要因になっているのです。たとえば面接の時間。早めに到着する予定でも、電車の遅れで大幅に遅刻してしまう可能性がありますよね。

時間の使い方が上手ではない人は、予定を見積もるのが苦手。内容の濃い時間を過ごしたいため、スケジュールが全て厳しく設定されています。

 

周囲に流されやすい

自分に自信がない人は、周囲の意見に流されやすい特徴があります。慌てる人は心理的に多数意見に安心するため、自分のやりたいことを我慢する癖も。

周囲に流されてしまうのは、気が小さいことも関係していますので、リーダー的な立場の人には逆らわず、周囲の雰囲気に振り回されてしまうのです。

不安を抱きやすい人は、周りの人の動きを慎重に判断しますよね。それが余計な情報になってしまい、プレッシャーやストレスにつながっているのでしょう。

 

慌てる自分を改善する方法は?

慌てる人の心理と性格の特徴・自分を冷静にさせたいときにやるべきこと何があっても冷静沈着に対処できると、絶対的な自信を持っている人は少ないはず。人間誰でも慌てる場面があるのは当然です。その時にどう対処するかが、ビジネスパーソンにも求められるスキルといえるでしょう。

慌てて失敗した経験がある人は、これから次の点を意識して改善してみてください。

 

長所に変える

慌てることは悪いことではなく、自分でコントロールできない状態になっているから。とくに仕事は冷静に取り組み、ミスを極力なくしながら作業を進めることが、自分の評価だけでなく周囲への心配りにもつながりますよね。

では冷静になるためにはどうすればよいか。まずは慌てる自分の長所を考えてみましょう。慌てる理由は失敗したくないため、また時間に追われながらも、きちんと完結させたい気持があるから。

決して悪気があって慌てているのではないので、プラス面を意識して上手く引き出すことがコツです。たとえば締め切りに間に合わない仕事。

慌ててダブルチェックを忘れてしまうかもしれませんよね。そんな時は上手く自分を急かして、自信を持ってスピーディーに作業をこなしていきましょう。

 

慌てる自分を自覚する

慌てる性格を改善するためには、まず自分には改善すべきところがあると自覚することが必要です。慌てて人に迷惑をかける、傍から見ていて心配になるほど慌てる自分。

客観的に向き合うと、自分の悪い癖が見つかりやすくなるでしょう。改善するためには、まずはそこが最初のステップ。なぜ慌ててしまうのか、自分が追い詰められやすい状況や気持ちに気づいてください。そうすると焦る必要がない場面でも、習慣で慌てていることもあるとわかるかもしれません。

 

目標設定を高くしない

慌てる人は完璧を望む心理背景がありますので、多少の失敗も許されません。目標設定が高く向上心があるのはよいのですが、プレッシャーが多くなるため、必然的に慌てる状況に出くわしやすくなります。

仕事の場合はよい成績を残すよりも、まずはきちんと自分のやるべきことを全うするよう、目標設定を見直してみましょう。

 

まさかの事態を想定しよう

慌てないためには、念入りに計画をすることが大切です。その際にまさかの事態を想定して、どう対処するかまで考えておくことがコツ。

仕事の段取りならやるべきことを順序よくスケジュールにまとめ、さらに余裕を残しておき、緊急の場合に備えておきましょう。あらゆる可能性を考える柔軟な思考が重要ですね。

 

一呼吸置いて考える

慌てない自分に変えるためには、危ないと思った時にまず一呼吸置いてください。何かに追われている感覚になると、頭が順序よく回転せず、さらに効率の悪いアイデアが浮かんでしまいます。

冷静さを取り戻すためには、一旦別のことを考えてリラックスしましょう。その際に最悪のケースを想定して対処策まで考えておけば、余計なプレッシャーから逃れることが可能です。

思い通りに進まなかった場合の作戦、代替策などがあれば、慌てずに違う方向からやるべきことを完結させられるでしょう。

 

まとめ

慌てる人は、心理的にとても真面目に物ごとを考える傾向もありますね。このようなとてもよい部分は伸ばし、慌てるデメリットを理解して改善できるところから始めてみませんか。



関連記事一覧